高松明日香 個展「羊と羊飼いのために」

美術

高松明日香の描く世界はなぜこんなに魅力的なのか?

自分の中で答えを出せない。

出す必要もないかもしれない。

だが、この「青い」世界に惹かれていくのは間違いない。

 

半年前にやって来たこの三島に「エクリュの森」というギャラリーがあり、
高松明日香さんという大好きな画家を応援しているという偶然には驚いた(^^)

 

今回の個展は新作のボリュームタップリ!

最初に目に飛び込んできたのは小ぶりな作品ながら、
31点の組作品。
その中でも一番気になったのは「東方の三賢者」という作品。

価格も自分にとって現実的な物だったので、初の絵画購入に踏み切ろう

と思っていたら作品タイトルに小さな赤いシールが・・・

売約済みだった。

 

奥に入っていくと、大きなサイズに描かれた作品群が。
もちろん新作で初めて見る物ばかり!!

これらの作品群は来年、岡山の大原美術館で開催予定の個展に
出品されるそうで、今から楽しみ。
大原には一度行ってみたいと思っていたので、絶対行こう(^^)

 

姉弟のエピソード、面白い(^^)
以前の作品に「弟のため池」というアパートが描かれた組作品があったが、
このうらやむ弟さんに関係あるのか、気になるなあ。

 

公式ブログに載っていたフォトブック、欲しいなあと思っていたら、
クラウディア展の上・下巻に加えて、
今回の「羊と羊飼いのために」のフォトブックが販売されていた。
嬉しいなあ(^^)

 

三嶋大社近くのGALLERY エクリュの森で
9月14日(土)まで開催中。

 

三島 GALLERY エクリュの森

高松明日香公式ブログ

お問い合わせはこちら

美術
スポンサーリンク
roadraceをフォローする
俺とオートバイは今、静岡にいるのだ

コメント